米国の原爆正当化に思うこと

リンク: 米国の原爆正当化に思うこと.


米国の原爆が問題なのは。

1.核反応をつかった殺傷力最大の兵器
2.瞬間的に人を殺傷してしまう→人間の尊厳のかけらもなし
3.直接の被爆に到らなくても、黒い雨をあびたり、体内被爆も被爆者になる
4.放射能のため被爆後64年たっても苦しむ被爆者
5.これぞ大量破壊兵器

事後的には
5.広島、長崎が核兵器の生体実験だった
6.戦後、診療施設もどきを広島につくり、情報収集がおわったら撤退した
7.結局、ベトナム戦の枯れ葉剤と同様、アジアは新兵器の実験場でしかない


オバマは、国内の政治力学で広島に行きにくいんだろうな。でも、広島にきて、
原爆資料館に行って、原爆ドームの前で広島アピールを世界に発信してほしい。

そして政府には、アメリカの若者を広島に招くプロジェクトでもはじめて欲しい。それで、広島が変わるなら。核をめぐる環境が変わるなら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主の最低時給1000円に波紋

リンク: 民主の最低時給1000円に波紋.


この記事を書いた人、民主党に対して、かなり批判的だよなあ。

「非正規雇用が増えているなか、最低時給をどの程度に定めるかは重要な問題。今後出される各党のマニフェストをしっかりとチェックしていく必要がありそうだ」

民主党のマニフェストのあら探しを、さあ、一緒にしましょうということか。そういう意味で、この記事は保守だし、それをかえようとする民主は革新という位置づけもできそうだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最年少20代市長の誕生か?

リンク: 最年少20代市長の誕生か?.


それからいくと森田千葉県知事は旧タイプの首長ということだね。

それにしても「完全無所属」はどうなったんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民党よ、しゃきっとしろ

自民党はこの期におよんでも、グズグズしておる。
こっちは去年の10月から「やる、やる」という総選挙を待っておった。

でも逃げまくりで、都議選でさらに逃げの姿勢。

逃げながら、相手の敵失を待つ。


もう、正々堂々と総選挙したらどうだ。鳩山故人献金問題も、自民党が騒がなくても、有権者が審判するよ。

下野もいいんじゃないか?自民党には健全野党を経験してまた政権に復帰してもらいたい。なぜって、民主党の長期政権も願ってないもの。また、政権与党にもなってほしい。だからこそ、政権与党でありつづけようともがく姿は見苦しくてしかたない。

いつの日にか、この俺が投票用紙に自由民主党の候補者名を書く日がこないとこまるんだよ。


たのむよ、麻生さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡県知事選 川勝候補勝つ

もし、民主党が候補者一本化に成功してたら、自民惨敗の構図。

都議選は、中選挙区だから、自民ぼろ負けはないけど、いよいよ自民党下野が現実問題になってきたようだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都議選が総選挙の前哨戦だって?

東京の世論が、はたして全国の縮図になるだろうか?

たしかに過去の選挙をふりかえれば、それもある、あったかもしれない。でも、地方と東京の格差は、想像以上に開いてきている。東京がこうだったから、次回の総選挙は、とみるのは乱暴過ぎやしないか?

もっとも、それをいちばん認識してるのは、地方選出の自民党のセンセイたちかもしれないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

与謝野氏も…渦巻く献金疑惑

リンク: 与謝野氏も…渦巻く献金疑惑.


小沢一郎と同じ言い方で抗弁してるのが、面白い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民 東国原知事に出馬要請

リンク: 自民 東国原知事に出馬要請.


なんか、森 小泉のするめとビールの臭い演技を思い出す。なんか、脚本通りに自民党と東国原が動いてるとみるのは考え過ぎ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東国原知事に出馬要請

条件として、自民党総裁もしくは総裁候補として、総選挙を戦うというのは、結局のところNGということだろう。これを、まるで大ニュースかのように扱うのはいかがなものか。

そうは言っても、あしたあたり、大々的にワイドショーは報ずるんだろうなあ。そして、それが自民党の狙いだったりしてね、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回の党首討論

第二回の党首討論は、鳩山の圧勝だったね。麻生は、かわすのに精一杯。こうなると、あさっていきなり解散総選挙というのもアリかもしれない。もう、先に選挙をのばしても勝てるアテはないんだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)