トップページ | 2006年7月 »

山口光市母子殺人事件に思う

たしかにわかる。残虐で、一人の男が一度に奥さんと子供を殺されて、人生を狂わされた。

死刑に値する。

でも、なんか、ストンと落ちない。殺人事件で肉親が殺されれば、犯人が憎いと思うだろうし、殺してやりたいと、私だって思うだろう。どんな殺され方であったとしても、そいつがいなければ、いるから、苦しい思いをしている。せめて、死刑にしてほしいと、思うにちがいない。

ただ、

人を殺した犯人が、みんな死刑になったとしても、殺された人はかえってこない。人を殺すということが、すべて死刑になるとなったとしても、殺人はなくならない。おそらく、犯人、殺人者の心理としては、殺すときは、自分が死刑になるかもしれない、だからやめようとはならないのではないか。

今回の最高裁の判断は、永山則夫のときの判例の変更になる可能性が高い。その判断の背景が、この遺族の強い憎しみに後押しされてのものだったとしたら、それはもう、報復刑そのものとして刑罰をとらえたことにほかならない。朝日も、「遺族の処罰感情が和らぐなどの新たな事情が加わらない限り、死刑判決が出される可能性が高い」と記事を結んでいる。

でも、それでは、仇討ちの時代に逆戻りしたようなものだ。因果応報。それで、一人の命を国家が断っていいものか。

高裁では、遺族の感情とは切り離された部分での審理になることを切に望みたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

狂のニュース

東京痴検特捜部は、政治家資質規制法違反の疑いで、自●党本部、および首相官邸を家宅捜査し、きょうまでに小●首相本人からも任意に事情を聞いた模様だ。

特捜部によると、政治家資質規制法に定める公約マニュフェスト条項に違反した容疑と、先の総選挙で「読んでない」郵政民営化関連法案を国会に提出、有権者への説明責任が「公務員を減らす」「官から民へ」となんら具体的な中身を伴わないままに選挙をおこなったことが、同規制法に定める政治家の資質規定に反する点が容疑。

現職首相の身柄拘束は、政治的にも影響が大きいため、在宅起訴にするか、人気、任期のきれた9月以降に身柄拘束するか微妙な判断を東京痴検は迫られることになる。

管元民●党代表『公約なんか守らなくたってどうでもいい、なんて台詞を現職の総理が言うことが許されるべきではありません。』
武●自●党幹事長『コメントはひかえさせていただきます。』


フィクションですよー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やる気ナッシング首相

あれだけ議席をもちながら、懸案はすべて先送り。
総裁選があるとか、民主も代表選があるなんていうのは、ためのいい訳だ。本当にやる気なら、党規をかえて、もう1年やるぞ!くらいでないとウソだ。

プレスリーの生家に行くのがそんなに楽しいのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井さんはやめないとね

福井さんは、やめないとね。中央銀行総裁の行動、発言ひとつひとつで、株価も為替も動くんだからね。

アメリカ並みに、資産公開していいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本は自由な社会か?

日本には、小泉政治を批判したり、中国と親しくする形の愛国心はないね。

おれは、おまえの意見には反対だが、おまえがその意見をいう自由はおれが死んでも守ってやる。

有名な言論の自由を言う表現だけど、日本だと


おれは、おまえの意見には反対だ、おまえ死ね。

寒い社会だ.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年7月 »